「NTTの基本料は不要」――ソフトバンクグループ、独自通信網を使った固定電話事業を開始というニュースより。

ソフトバンクグループは8月30日、独自通信網を利用した固定電話サービスを開始すると発表した。直収型電話サービスと呼ばれるもので、日本テレコムがNTTの局舎内に独自交換機を設置し、局舎間を独自通信網でつなぐことでNTTよりも安い価格で固定電話を提供する。局舎と各家庭の間はドライカッパーと呼ばれるNTTの空き銅線を利用する。サービス名は「おとくライン」。12月1日よりサービスを開始する。

ソフトバンクが固定電話への参入を発表しました。NTTを解約し、基本料金が安くなるというのが目玉です。アナログ回線では、基本料金はNTTよりも200円安く1,417円とするそうです。月々200円とはいえ、チリも積もればですから、安いに越したことはありません。既存のNTT加入電話から移行する場合でも、同番移行が可能ということで障害もありません。新規に電話を引く場合に電話加入権が不要というのは嬉しいですね。電話加入権のことはもう、忘れた方が良いんでしょう。

孫氏によると、固定電話市場のうち通話料金市場規模が約1兆4000億円であるのに対し、基本料金市場は約1兆8000億円という。しかも通話料金市場は各社の競争激化で料金が下がっているのに対し、基本料金はNTTの寡占状態にある。

ここをビジネスチャンスと見て参入していく訳ですね。ここにもソフトバンクが風穴を開けてくれれば、基本料金もどんどん安くなっていく可能性があるのではないでしょうか。

孫氏によると、同サービスの計画は2年半ほど前から進められていたという。「日本テレコム買収の本質はここにあった。時間とインフラをお金で買った」と孫氏は話す。

なるほど。

警察・消防への緊急通報やプッシュ電話、発信番号通知、NTTのキャッチホンに当たる「ダイヤルイン」、着信転送などの付加サービスを用意する。それぞれ基本料金とは別にサービス利用料金がかかるが、値段はNTTと同額という。

サービス開始にあたり、無料キャンペーンが実施されるそうです。

・利用者が事前に指定した3つの電話番号にかける通話料金が1年間無料
・付加サービスの月額料金が3カ月間無料
・新規申し込み時の日本テレコム工事費1050円も無料
・特定時間帯の市外通話料金が1年間9割引になる

NTTを使い続ける理由もないので、移行しても良いかな、と思っています。NTTがさらに基本料金を下げてくれれば、という期待もありますが。

■関連記事

ソフトバンクが直収型で固定電話に参入

固定電話利用者は漸減傾向にあるが、高額な加入権料から固定電話加入をためらっているユーザーを取り込めると見ている。またNTTなど他社から日本テレコムに着信する通話の場合、各社から支払われる接続料収入も見込める。

ソフトバンク、固定電話サービス開始へ、NTTより安い基本料

このサービスは日本全国で提供する意向で、開始当初は1,000局舎、2005年中をめどに3,500局舎まで拡大する予定だ。ソフトバンク・グループでは9月1日から「おとくライン」の予約販売を開始する。

ソフトバンクグループが固定電話事業で新協業戦略、販売パートナーも投資・リターンを分担

電話会社を選択できる「マイライン」などのように、従来の固定電話の販売活動は「1回線ごとに1万円」などの奨励金を代理店に支払う形態が一般的。今回のように、代理店に設備投資まで負担してもらうのは珍しい形態といえる。また新サービスでは、販売奨励金の形態も改める。従来のように、回線獲得ごとに1次金を支払うのではなく、「ユーザーが契約を続ける限り収入の一定割合を分配する」という継続型に変える。

【会見速報】ソフトバンクがNTT独占の基本料市場狙い固定電話参入

通信事業者の日本テレコムにとっては,(1)ユーザーからの基本料や付加サービスの収入を得る,(2)東西NTTに支払っている電話接続料を削減,(3)東西NTTなど他の通信事業者からの電話接続料の収入を得る,--といった狙いがある。