デジカメ砕く爆風に耐えたCFカードという記事より。

デジタルカメラを砕くほどの爆風にさらされても、コンパクトフラッシュ(CF)カードは無事だった――。米SanDiskは8月23日、その決定的な瞬間を押さえた写真を公開した。

一瞬、何かの実験? とか思ったのですが、道路橋の爆破現場を撮影しようとしたカメラマンが設置したカメラが、現場に少し近すぎたようで、3台あったカメラが爆風で壊れてしまったそうです。1台は原型をとどめないほど粉々に。

ところが、デジカメ内のCFカードは、スロットから飛び出したもののほぼ無傷。砕ける直前にリモコン撮影した写真データを、後からPCで吸い出すこともできた。

ってことで、凄いぜCFカード! という話で、この爆風をくぐり抜けた英雄は、カメラマンが1999年に購入した「SanDisk 256MB CompactFlash」だそうです。

「カメラがあんな衝撃を受けるなんて思わなかった。そうでなきゃ、あそこに置いてないよ」とフレイザー氏。プロ仕様のデジカメなどを失った同氏の被害額は、約1万5000ドル(約165万円)に上る。

SanDiskには良い宣伝になったでしょうから、デジカメの一台くらい買ってあげて欲しいですね。

「毎月のように『御社のカードは洗濯機から生還しました』というメールを受け取るが、今回のようなことは初めてだ。アナログのフィルムを使っていたら、シュレッダーにかけられたようになっていただろう」とSanDiskの人がコメントしているのですが、ありがちな洗濯からも生還するのですか。それは凄いな。

もちろん日本でもSanDiskのメモリカードは購入できるのです! あ~、洗濯しちゃいそうだな‥‥と心配な方は、是非SanDiskで。

Amazonで「SanDisk」のメモリカードを見てみる