運転中携帯に11月から罰金 飲酒検知拒否もという記事より。

政府は24日、今年6月に成立した改正道交法のうち(1)運転中の携帯電話使用への罰則適用(2)飲酒検知拒否への罰則強化(3)騒音対策--について、11月1日から施行することを決めた。

「携帯電話使用の罰則はこれまで「交通の危険を生じさせた者」に限られていたが、改正で運転中に携帯電話を使っただけで対象となる」ということで、運転中の携帯電話使用は控えましょう。

反則金はミニバイク5,000円、普通車など6,000円、大型車7,000円で、違反点数はいずれも1点だそうです。反則金を支払わないと5万円以下の罰金に。

飲酒検知拒否の罰金は、現行の5万円から30万円に引き上げる。