無料ソフトを広告メディアに――0円ソフトの試みという記事より。

0円ソフトでは、従来開発者に依存していた開発費用を広告主に求めることで、より品質の高いソフトウェアの無償提供を目指す。またソフトウェアの価格を0円にすることで多くの利用者数が見込め、広告メディアとしての価値をあげる、としている。

有限会社デジテクが開始したプロジェクトで「料金にあわせて、0円ソフトを開発提供いたします」そうです。

どうなんだろう、このプロジェクトは。今まで無料だったものに広告がついてタダだったものから多少のお金が入ってくる、というのは嬉しいと思うのですが、その逆はどうなんだろうか。スポンサーが付くくらいの優良ソフトだったら有料でもいいような気もします。というのが素朴な疑問。

さらにウェブを見ただけでは分からないのですが、広告は後からコントロールできるんだろうか。サービスが無くなって広告だけが残り続けるというのも寂しいものがあります。とかそういう疑問も。是非、ウェブでいろいろ情報を公開して頂きたいですね。

ちなみに、ソフトウェアに広告を載せるというのは、例えばブラウザのOperaがありますよね。無償版にはGoogle AdSenseが入っているはずです。