電車の中では「寝る」「話す」「ケータイ」という調査結果がありました。

「普段電車に乗っている時にすること(複数選択)」に対する回答は、1位が「寝る」で71.1%、次いで「一緒にいる人と会話」(64.6%)、「中吊り広告を見る」(64.5%)、「携帯電話でメールをする」(63.0%)、「iモードサイトを見る」(47.2%)、「ガム・あめなどを食べる」(43.8%)と続く。「携帯電話でゲームをする」も37.3%あり、車内で携帯端末に向かう人が多いのを裏付ける結果だ。

なんと1位は「寝る」ですか。高校生時代はオールナイトニッポンとか聞いてて睡眠時間が3時間くらいだったので、よく電車の中でカックンカックンやっていたのですが、今は電車の中で寝るというのはなくなりました。携帯電話を機種変更して思ったんですが、携帯電話は既に電話ではなく、PDAやデジカメに電話機能がついているといった方が相応しいですね。メールをしたりゲームをしたりって、電話じゃなくて小さいPC(携帯端末)ですよ。ゲームのクオリティも凄いことになってましたし(笑)

マンガ、雑誌を読む、が少ないのが意外でしたが。

 また電車の利用時間が長くなるにつれ、「一緒にいる人との会話」の割合は減るが、「本を読む」「マンガ、雑誌を読む」「新聞を読む」「音楽を聴く」「iモードサイトを見る」「携帯電話でメ−ルをする」「携帯電話のゲーム」「寝る」割合は増加する傾向にある。