「運転中に携帯」で罰金、自動車は6000円、原付は5000円というニュースより。

6月に、衆院本会議で改正道路交通法が可決され、運転中に携帯を利用すると5万円以下の罰金が科されることが決まっていた

より細かい内容を決める“施行令”の改正案だそうです。

・大型自動車 7,000円
・普通自動車・自動二輪車 6,000円
・原動機付自転車 5,000円

だそうです。

対象となるのは、停止しているときをのぞき、運転中に携帯を持って「通話したり、メール送信などのため画面を注視したりした」場合。違反の点数は、「1点」となっている。

「画面を注視」はなかなか判断が難しそうではありますが。パブリックコメントも募集中です。

「道路交通法施行令改正試案」に対する意見の募集について

これに関し御意見のある方は、平成16年8月9日(月)まで(必着)に次のあて先に御意見をお寄せください。なお、電話による御意見は受け付けておりません。また、頂いた御意見に対しての個別の回答は致しかねますので、あらかじめその旨を御了承願います。