160文字を43秒! 携帯電話早打ちコンテストでギネスを超える記録が出たそうです。

小さい携帯電話のボタンを押して、いかに早く文章を入できるかを競うSingTel SMS Shootoutがシンガポールで開催され、シンガポール出身の23歳の女性が優勝した。出された題材はスペースを入れて160文字の英文で、この女性はこれを43.24秒で入力、現在のギネスブック記録を大幅に塗り替えた。

題材となった文章は、

The razor-toothed piranhas of the genera Serrasalmus and Pygocentrus are the most ferocious freshwater fish in the world. In reality they seldom attack a human

で「カミソリのような歯を持つSerrasalmus属とPygocentrus属のピラニアは、世界で最も凶暴な淡水魚です。実際に人を襲うことはほとんどありません」という内容のものだそうです。こ、これを43秒で! つまり1秒間に約3.7文字入力していたことになる訳ですが、信じられません。

ちなみにこれまでの記録はイギリス人男性が67秒で打ち込んだもので、ギネスにも登録されているそうです。

この優勝した女性は熱心なSMSのユーザーとのことで、月に平均で1,500通のSMSを送信しており、「入力が遅くなるために」予測入力機能は嫌いなのだそうだ。決勝では、8回のチャレンジのうち4回で44秒台をたたき出す安定した成績だったという。

入力が遅くなるから予測機能は嫌い! 凄い!(笑)