ヨドバシカメラの秋葉原進出は2005年9月という記事より。

新店舗は現在、「ヨドバシAKIBAビル」として、地上9階、地下6階で建設中。敷地面積は、5,917平方メートル、延べ面積は63,558平方メートル、高さ60mのビルとなる。

ヨドバシカメラの店舗は「つくばエクスプレス」の新駅と直結するそうです。

ヨドバシカメラでは、数百台単位で収容可能な地下駐車場を独自に整備する。車で訪れた顧客が、ヨドバシの駐車場に車を入れ、ヨドバシカメラで買い物をしてそのまま帰宅するという利用方法も相当数想定される。

利用者の立場からすると、これは便利そうですね。

これまで秋葉原電気街に、ディスカウンターの出店や大型店舗の出店、あるいは電気街とは直接関係がない異業種が参入しても、相乗効果による売り上げ増という期待ができた。しかし、線路を隔てて、一店舗完結型のマーケティングが可能な今回のヨドバシ出店は異なった状況を生む可能性がある。

果たしてどのくらいの影響があるのでしょうか? 秋葉原に買い物に行く人と、ヨドバシの顧客層というのは違う気もするのですが。どちらかが、どちらかを牽引するような形になるんでしょうかね。