最低資本金廃止打ち出す 法制審、1円起業を恒久化するそうです。あなたもわたしも、明日から株式会社です。

最低資本金の扱いは同部会の焦点の一つ。現行法では、株式会社の資本金は最低1000万円、有限会社は300万円が必要で、企業育成の障害との指摘が強かった。2003年に時限立法で最低資本金撤廃の特例を設けたところ、特例を利用した会社が計約1万3000(5月末現在)に達したことも最低資本金廃止論を後押しした。