AirMac Expressを利用するとステレオに音楽をストリーミング配信することができるようになる訳ですが、実はこれ、エニーミュージックと競合しそうですね。

エニーミュージックは専用のオーディオ機器を購入することで、そこに音楽をダウンロード購入することがメリットだった訳ですが、数万円もする専用機器を購入せずとも、15,000円でAirMac Expressを購入してくれば、今あるWindowsマシンやMacから、既にあるステレオ機器に向けて音楽ストリーミングが可能になります。楽曲のダウンロード購入もiTunes Music Storeで可能ですから、パソコン、iPod、ステレオがスムースに連携します。

最近では音楽配信サービスに次々と参入する企業が登場し、ポータブルプレーヤーとの連携を発表していますが、Appleは既に次へ行ってしまったということでしょう。多くのユーザがどれを手にするか、それは自明かもしれません。