“ノークレーム・ノーリターン”でも返品できる場合も〜経産省が解釈示すという記事より。

準則によれば、「ノークレーム・ノーリターンでお願いします」と表記することで、出品物に隠れた瑕疵(商品説明に記載されなかった傷や汚れ)があった場合でも出品者の責任を免除するという「特約」を定めること自体は、原則として有効だという。ただし、常に有効なのではなく、「信義に反する行為」を正当化することは許されないとしている。

経済産業省が改訂・公表した「電子商取引等に関する準則」より、ということです。

例外があるにせよ“ノークレーム・ノーリターン”が原則として有効だそうです。オークションで出品していると、“ノークレーム・ノーリターン”とは書きつつも、どのくらいの実効性があるのかは半信半疑でした。

「信義に反する行為」は、

具体的には、出品物に瑕疵があることや数量が不足していることを出品者が知っていたにも関わらず、これを告げずに取り引きした場合は、出品者は責任を逃れることはできない。また、単に「ノークレーム・ノーリターンでお願いします」とだけ表記され、商品説明が不十分であるために重要な事項についての錯誤がある場合も、錯誤による無効との主張が認められる可能性があるとしている。

このような場合だそうです。このような場合、“ノークレーム・ノーリターン”と表記されていても、瑕疵担保責任や錯誤、詐欺などに基づいてキャンセルや損害賠償を請求できる可能性があるそうです。基本的に誠意を持って出品しましょう、ということですね。