初代日本語ワープロを開発、今もワープロを使う大学院教授というインタビュー記事がありました。

今回ご登場いただくのは、東芝で、初めて「かな漢字変換」を開発され、1978年、その機能を搭載した日本語ワードプロセッサ「JW-10」を発表、現在の日本語ワープロの源流を作られた森健一先生です。私が今まさにこうやってパソコンに日本語入力できているのも、森先生のお陰というわけです。現在は、東芝テックの相談役をされているほか、東京理科大学MOTで「新産業創出論」という授業を担当されていて、学生から高い人気を集めておられます。

ぼく自身は今でも「かな漢字変換」にお世話になっています。ありがとうございます。今では誰もが当たり前のように使っている漢字変換機能ですが、こんなところに源流があったんですね、という感じの興味深いインタビューです。

日本語ワープロの開発経緯から教えて下さい。「最初は東芝で、文字の読み取り機の開発を担当していました。そして、機械で漢字の文字が読み取れるということがわかったのが1971年のことです。ところが、1文字ずつ読み取れても、その意味がわからなければどうしようもないわけです。つまり、文字は単独で存在しているのではなく、前後の文字との関連性があって、ひとつの意味を成し得ています。そこで、"意味がわかる"ということはどういうことかということを研究しようということになりました。私はこれを"意味理解"と呼んでいます。その応用例が"機械翻訳"で、英文から日本文、日本文から英文への翻訳できる機械を開発しようと考えたのです。

この前提条件として日本文の良い入力装置がないことに気づき、「誰でも簡単に使える日本語入力装置の必要性を感じ」てリサーチした結果、

(1)誰でも手書きより速く入力ができ
(2)ポータブルで
(3)どこからでもアクセスして検索できること

ということが分かり、これがワープロの基本コンセプトになったそうです。新聞社、雑誌社、官庁などで問題意識を持っていたということですが、今では当たり前のキーボードからの入力というのも当時はできなかった訳ですからね。このワープロは革命的だったに違いありません。

中でも、最初に実現しなければいけないと感じたのは、手書きよりも速くどうやって漢字を入力できるようにするかということでした。また、3つ目のコンセプトに関しては、今で言えば、インターネットなどのネットワークでしょうが、当時の私たちはファクシミリをイメージしていました。