2月10日は「ニートの日」という記事がありました。

働かず、学校にも通っていない「ニート(NEET)」と呼ばれる若者たちが、語呂合わせで「ニートの日」と定めた2月10日、東京都内で集会を開く。厚生労働省によると、こうした若者は就職難を背景に52万人に上っており、元気を出して就職に踏み出そうとの思いを込めて「第1回ニート祭り」と名付けた。

2月10日が「ニートの日」とは‥‥orz

ニートが集会を開くということで、果たしてニートは集会に来るのでしょうか? どうなんだろう。主催は「ニュースタート事務局」というNPO法人だそうです。「はひきこもりの若者らの就職を支援する団体」とのこと。

企画した中本英彦さん(33)は「同じ悩みを持つ人たちが集まって今後のことを考える機会にすると同時に、多くの若者が主に人間関係で苦しんで立ちすくんでいる現状を少しでも理解してほしいと思った」と話している。

「ニート祭り」と名付けるあたり、微妙に2ちゃんねるカルチャーとかも意識しているんでしょうかね。果たしてどのくらい集まるのか?