カーチェイスに強力な武器:電磁波で強制停車という記事より。

米ユリーカ・エアロスペース社(カリフォルニア州パサデナ)の最高経営責任者(CEO)を務めるタートイアン氏は、車に搭載されたマイクロチップの動作をマイクロ波エネルギーで妨害するシステムを開発している。このシステムを使って過剰な電流を送るとチップが過負荷になり、車が機能しなくなって徐々に減速すると、タートイアン氏は説明する。

「標的に約10〜15キロボルト毎メートル[kV/m:電界の強さを表わす単位]で何秒か照射すれば、停車させられるはずだ」とタートイアン氏。最近のクルマは何らかのマイクロプロセッサを搭載しているということで、強力な電磁波を照射して、過負荷の状態にしてしまう装置を開発しているそうです。ちなみに、テストでは約90メートルの範囲にある車なら停止させられることが示されたということで、かなり現実的な技術のようです。

「(マイクロ波)エネルギーを用いることの素晴らしい点は、容疑者がそのまま車をコントロールできるところだ」と、ヒール氏は話す。「ハンドルも操作できるし、ブレーキもかけられる。ただ加速が不可能になるだけだ」

カーチェイスの犠牲になる人もいるでしょうから、こういう装置は良いかもしれませんね。