SCE久夛良木社長、ソニーの過ちを認めるという記事がありました。

ソニーコンピュータエンタテインメント(SCE)の久夛良木健社長によれば、(ソニーグループの)音楽・映画部門がコンテンツ権利について危惧していることを主な理由に、経営陣がApple Computerの「iPod」のような製品作りをためらってきたことに対して、同氏とSCE社員はここ何年間もフラストレーションを感じていた。

外国人記者クラブにて語ったそうです。当初、音楽プレーヤーがMP3に対応しなかったことなどを挙げ、「ソニーの元来の企業精神である技術革新が「希薄」になってしまった」と語っているそうです。

「まだ始まったばかりだ。われわれは成長しつつある」という言葉に期待したいところですが、もう一度始めたい、という感じなんじゃないでしょうかね。

「ウォークマン」をはじめ、かつて世界のエレクトロニクス製品メーカーとして中心的存在だったソニーだが、ここ最近はその栄光に陰りが見え始めている。もっと安価な製品を手がける東南アジア諸国のライバルメーカーに、利益率と市場シェアを奪われつつある。