「1万円入りま~す」の意味は?という記事がありました。

ファストフードなどの支払いで1万円札を出すと、店員が「1万円入りま~す」と掛け声を出すのは何のため?

あんまり気にしたことなかったですけど。レジに1万円入れるから、1万円入るのかなって。常に疑問を持って生きないといけませんね。

5,000円札と10,000円札の時に「入ります」と声を出し、他の店員が「お願いします」と答えるよう指導しているドトールコーヒーでは、

「主に3つの意味があります。まず、高額紙幣を受け取ったことを他の店員に伝えることで、釣り銭の渡し間違いがより起きにくくなります。また、レジ係が紙幣を着服するのを防止する意味もあります。最後が、客の釣り銭詐欺を防ぐためです」(

という理由を挙げているそうです。

1,000円札を出しておきながら、後で「10,000円札だったじゃないか」と難癖をつける客がいるために、釣り銭詐欺防止があるそうですが、基本的にお札はすぐにしまいませんよね、レジの方も。

なんとなく、酉の市で熊手を買うときにご祝儀をあげて、お店の人たちが「よよよい」みたいな感じになる、ある種高額紙幣が入ったことで気持ちを高揚させる意味合いがあるのかな、ってそんなバカな理由はありませんね。

どの店も高額紙幣の対応には苦労しているようで、1万円札を腰のポーチにしまって代わりに1000円札の束を出す“セルフ両替方式”のウェンディーズ、他の店員に実際に紙幣を見せて確認するファーストキッチンなど、方法はさまざまだ。

高額紙幣の場合は、何か間違いがあった時にそれだけ問題が大きくなるということで、慎重になっているというのが正解のようですね。