DDIポケット買収、カーライルと共同でKDDIと協議中=京セラというニュースより。

京セラ 6971 は、米投資会社カーライル・グループと共同で、PHS(簡易型携帯電話)大手DDIポケットの買収について、DDIポケットの親会社であるKDDI 9433 と協議していることを明らかにした。

日本では大きな普及には至りませんでしたが、アジア方面での需要が高いことが要因としてあるようです。日本でもデータ通信ではかなり普及していますけどね。

報道によると、買収金額は約2200億円となる見通し。カーライルはDDIポケットに対し60%を出資する一方、現在DDIポケットの第2位の株主である京セラは、出資比率を13%から30%まで買い増す、という。KDDIは10%のDDIポケット株の保有を維持する、とした。

買収後、日本国内で大きな変動があるのかどうかなど、非常に興味深いところです。

■関連記事

カーライルと京セラのDDIポケット買収,6月中旬にも最終合意

京セラによると約1年前,DDIポケットの将来性に着目していたカーライル側から共同出資をもちかけられたという。京セラは,現在もDDIポケットの第二位株主であるが,主要なPHS端末ベンダーであることから,DDIポケットの一層の成長がベンダーとしての収益拡大に貢献すると判断。出資比率を引き上げることを決断した。

DDIポケット、米投資ファンド・京セラ連合が買収か

Carlyleは米投資ファンド大手。イー・アクセスに出資している。

鷹山、DDIポケットとのローミングで基本合意

アステルブランドのPHSサービスは各地で撤退が決まっているが、アステル東京は今回の提携で“全国サービス”を維持できる。