「カフェ開業の夢、応援します!」、服部栄養専門学校が専門コースを開設するそうです。

服部栄養専門学校が6月から、カフェ開業希望者向けの「カフェ・スイーツ専攻科」を新設する。約9カ月の履修期間中、実習と講義を計52回実施し、カフェに関する調理のポイントや経営ノウハウを教える。

業態を限定し、調理も経営も両方学べる開業コースとしては今回が初めての試みだそうです。カフェ、一度も行ったことありません。なので、カフェ飯とやらも雑誌でしか見たことありません。まったりしたところですが、ああいうところに行くと逆に手持ちぶさたで落ち着かなそうなのです。と、いうか、行動範囲内にカフェないし。

履修期間は6月23日から2005年3月16日までの9カ月間(8月は夏期休暇)。実習は火曜日、講義は水曜日に実施。いずれも18時30分~21時30分の夜間授業とし、働きながらでも受講できるようにした。

自分空間みたいな感じで、カフェを運営してみたいという人は、今は多いんでしょうね。飲食業未経験者が多いと思われるので、カフェ独特の経営ノウハウが学べるのは良いのではないでしょうか。後は、本物のカフェで働けたりすると参考になりそうですけどね。

気になるのは学費ですが、合計69万円だそうです。高くもなく安くもなく、貯金でまかなえそうなのが良い感じ。「内訳は入学金、授業料、実習費がそれぞれ5万円、40万円、24万円」だそう。定員は40名なので、すぐに埋まってしまいそうです。興味のある人は「服部栄養専門学校 入学相談室」(0120-69-8101)へ急げ!

実習は計32回。「コーヒー・紅茶」のカリキュラムは5回に分け、バリスタの技術やコーヒー器具の扱い方、紅茶のバリエーションや美味しい入れ方などを伝授する。「カフェフード」や「スイーツ・ケーキ」などフード類にも力を入れる。合計17回の実習を通じて、イタリアンやエスニック、アジアンなど、各国の料理やお菓子の調理方法を基本から伝えていく。講義は全20回。コンセプトの設定の仕方や店舗マネジメント、開業計画・出店計画の立て方、コスト管理の手法などをテーマとし、それぞれ1~3回に分けて授業を行う。

実際にはこんな感じの講義内容だそうですが、ちょっと行ってみたい気も。カフェをオープンしたいのではなくて、料理とその裏側を勉強してみたいのですが。

税務関連サービス会社のTKCが中堅・中小企業に関する経営分析統計をまとめた2003年版「BAST TKC経営指標」では、黒字の喫茶企業は全体の24.4%に過ぎないという結果も出ている

このコースを受講するネタフル読者がいらっしゃいましたら是非ご連絡ください。カフェオープンの暁には取材に行かせて頂きます。