音楽配信サービスの利用者はより多くのCDを購入する〜米NPD調査という調査結果が。

調査によれば、2004年第1四半期には音楽CD購入者の5%以下が合法的な音楽配信サービスを利用していた。2003年第1四半期は1.7%だったため、比較すると3倍近い数値になっている。

サンプル数は5,000人です。

音楽配信サービスが規制されて、さらにCD売上が減少するとレコード会社が関連性に目を向ける気がしますが、そうでないと独自調査とかをしてこうした結果は無視されそうな気もします。

音楽CDを購入し、合法的な音楽配信サービスを利用するユーザーが違法な音楽配信サービスを利用する率は、2003年から2004年にかけて64%から42%に「劇的に減少した」としている。

こういうきちんとした結果も得られているのですが。

2003年では、「Rhapsody」ユーザーは11枚のCDを購入。「iTunes」ユーザーは10枚、P2Pファイル共有ソフトユーザーは8枚のCDを購入している。なお、音楽配信サービスを利用しないユーザーはCD6枚の購入に止まっているとしている。

そもそも音楽好きな人たちなんでしょうね。だから、合法的に買いやすい(使いやすい)サービスが登場すれば、きちんとそれを利用する、ということなんでしょう。