ウォークマンの栄光を再び――アップルに挑むソニーの勝算は?という長文コラム。ソニーはフレキシブルに時代の流れについていけなかった、という感じがしました。

ソニーはここでもつまずいた。開発リソースの大部分をミニディスクに投入していたこともあり、同社は引き続きミニディスク路線を推し進めた。 系列のレコード会社が、またたく間にMP3カルチャーの一部となってしまった無許可のコピーやインターネットを介した音楽ファイルの交換を懸念していたことも、同社がMP3形式を全面的に受け入れるのを阻害する一因となり、他社にその点をうまく利用されてしまった、とアナリストらは分析している。