働かない若者「ニート」、10年で1.6倍 就職意欲なく親に“寄生”というニュースが。

就職意欲がなく働かない、「ニート(NEET=無業者)」と呼ばれる若者たちが急増している。平成十五年は六十三万人と十年前の約一・六倍に増加、十五-三十四歳の約2%に上ると推計される。就職活動をしないことからハローワークなど公的機関経由の接触も困難。少なくとも働く意思はあるフリーターよりつかみどころがない存在で、職業人育成システムの再構築が必要になりそうだ。

職業人育成システムの再構築って、いったい何をするんでしょう。親に“パラサイト(寄生)”して生活しているケースが多いということですが、NEETしている人たちの親もいつかはいなくなる訳で、そうした不安にさいなまされないがら生活している人も多いかもしれませんね。

最近ではもしかすると、アフィリエイトとかでそれなりに稼いでいる人たちもいるのかもしれません。チャンスが広がる、という意味ではアフィリエイトとか良いのでしょうかね。ちなみに、高校生がAdSenseを始めたりすると、親の扶養から外れてしまうケースも多々出てくるのではないか2ちゃんねるあたりを見ていて思いました。

ちなみに「NEET」とは「Not in Employment, Education or Training」の略語で、英国の労働政策の中から生まれた言葉なんだそうです。

ニート―フリーターでもなく失業者でもなく

少子化が進む中、日本経済にも根深い影響を与え始めた、働くことにも学ぶことにも踏み出せない「ニート」と呼ばれる若者たち。やるべきことがわからず、社会の入り口で立ち止まる彼らの声なき声に耳を傾け、その背景を探る。

Find Job!

クリエーター・事務・エンジニア・営業の転職・アルバイト・派遣情報のFind Job !はmixiを運営しているイー・マキュリーによるサービスです。