「犬夜叉」がカナダのGoogle検索トップになるという驚くべきニュースが。

米Googleの日本法人・グーグルは5月14日、4月の検索ランキングを発表した。カナダのランキングトップは日本の漫画、「inuyasha(犬夜叉)」。イタリアでも4位に「manga(漫画)」がランクインした。日本では「Winny」が2位に、「植草一秀」が3位に入った。

なんと「inuyasha」が「johnny depp」を抜いています。一体全体、カナダで何があったというのでしょう?(笑) そういえば、オランダでは「クレヨンしんちゃん」がランクインしているなんていうニュースもありましたね。凄いな「Manga」は。

ちなみにinuyashaを検索するとこんな感じです。inuyasha.orgとかあるんですね。

■関連記事

海外での日本マンガブームは本物?~グーグルの検索キーワードから

日本での人気キーワードは、定番の「壁紙」に続き、時事ネタの「Winny」と「植草一秀」が並んで上位3位となり、「冬のソナタ」が4位に続いた。

Googleの検索ランキング、2004年4月は注目事件のキーワードが上位

海外のランキングでは、先月オランダで「クレヨンしんちゃん」が3位となったのが注目されたが、今月もイタリアのランキングでは「Manga」が4位、カナダのランキングではアニメが放映されている日本のマンガ「inuyasha(犬夜叉)」が1位になるなど、日本のマンガ関連のキーワードのランクインが見られる。