ソフトバンクBB、来春新卒3000人採用だそうです。

3000人の内訳は、個人ユーザー向けにブロードバンド回線の営業などを行う販売職が920人、営業企画や法人向け営業などを行う営業・企画・管理職が700人、カスタマーサポート職が580人、技術職が400人、総務などのスタッフ職が400人。同社の現在の社員数は約1800人。2004年度新卒採用数は125人だった。

これだけの大量採用の背景には、情報漏洩に対する反省で、これまでアウトソーシングしていた販促部隊を社内に抱えたいということもあるのではないでしょうか。個人営業の販売職が920人採用されます。また、研究開発をする技術職に400名ということで、GoogleやYahoo! のようにラボを持つ、なんていうことも将来的にはあるかもしれませんね。

ブロードバンド事業急拡大に備えるということですが、現在の社員数が1,800人ということですから、そんなに採ってきちんと回るんだろうか、という心配もありますが。10年後に、いったい何人の人たちが残っているのでしょうか。

■関連記事

ソフトバンクの2003年度決算、ブロードバンドで4,000億円の“生涯価値”

「新卒社員は派遣社員や業務委託と比べると、むしろコストは安価。短期で離職するアルバイトなどに比べてロイヤリティも高く、教育効果も期待できる。実際にテレマーケティングで正社員に顧客獲得をさせたところ、アルバイトに比べ4倍の成果を残した」とコメント。「総合的にはコストニュートラル」という認識を示した。

ソフトバンクが赤字1070億円、それでも「好調」と孫社長

ソフトバンクは5月10日、2003年度決算を発表した。連結の売り上げは対前年度比27.2%増の5173億9300万円となったが、最終損益で前年度から71億円マイナスの1070億9400万円の赤字となった。

ソフトバンクBB、2005年度の新卒採用は3,000名〜前年度比24倍増

3,000名の大量採用についてソフトバンクBBでは、「急激な事業規模の拡大に合わせて、採用人数を大幅に増やした」という。「一部報道ではFTTHや情報漏洩対策の要員としているが、今回の大量採用とは別次元のこと」だとしている。