運転中の着信、7割が“取る”という調査結果がありました。

“取るときと取らない時がある”と答えたのは65.9%。“絶対に取らない”は27.3%で、“必ず取る”と答えたドライバーも6.8%いた。“絶対に取らない”と答えたドライバーは、女性が31%、男性が23.7%と女性のほうが多く、危険の認識度が高いという結果が出ている。

日本損害保険協会による調査だそうです。調査対象やサンプル数が分からないので鵜呑みするのは危険ですが、現実にある程度則した結果なのでしょうか? 絶対に取らないのは男性では2割強、女性は3割ですか。

運転中の会話が引き起こす危険について、多く挙げられたのは、「前方不注意になった」で68.5%、次いで「集中力が低下した」が62.2%。運転中に携帯電話を使っているドライバーについては、8割が「危険」と感じている。

電話をしている時にメモ帳に謎の幾何学模様を描いてしまうことがあると思いますが、電話をしている時って、どこかうつろになっているというか、確かに集中を欠いているんだと思います。そういう時の運転はやはり危険ですね。

警察庁が、運転中の携帯利用に5万円以下の罰金を課す試案を公開するなど、規制の機運が高まっているが、9割が規制強化に肯定的な見方をしている。“ぜひ規制を強化すべき”は50%、“まあ規制すべき”が41.3%。“あまり規制しなくてよい”は8%、“全く規制しなくてよい”は、1%に留まっている。

ぼくも規制は強化すべきではないかと思います。