実際に“空き巣マーク”があるということはニュースなどでも報じられていますので「本当にあった」というのとはちょっと違うのですが、HuntingGirledCollective管理者さん自宅がマークされていたということで、ちょっと驚いてしまいました。

「今部屋にいらした人は何の人だったんですか?なんか玄関の脇にマジックみたいなものでシルシ付けて帰っていったのよ。」

水道局員を装って訪れ、

「あー、そうそう、平日もお伺いしたんですけどいらっしゃいませんでしたが平日はお仕事なんですよねえ?」

などと質問して立ち去っていったそうです。これは気持ち悪いですね。訪問者が来たら疑ってかかれ、ということなんでしょうか。インターフォンでちらっと話をするだけでも在宅がばれてしまいますから、不審に感じたら余計な質問には答えずにさっさと断った方が良さそうです。

で、空き巣マークを見つけたら、『とにかく消してしまうこと。』が必要だそうです。玄関の不審なマークって空き巣の在宅チェックの意味以外にも、セールスや勧誘の人が家の様子をチェックするのに書いてることが多いみたいです。とにかく、残しておいていいことはナニも無いみたいなので、最初から何も書かれてなかったように消してしまう。今すぐにでも確認してみてくださいませー。

はい、早速、確認してみたいと思います。