喫煙者採りません 強まる社内禁煙というニュースが。

「たばこ追放」の動きが広がるなか、喫煙者は採用選考の対象にさえしない企業が出てきた。「社内の和を保つ」「優秀な人材をそろえたい」などが理由。大手企業はここまで顕著ではないが、社内禁煙の流れは確実に強まっている。

分煙というのはありましたが、なんともまぁ、凄い話ですね。タバコが苦手な人にとっては、こういう会社に入りたい、と思う大きな要因になるかもしれません。

喫煙者を採用から除外すると、良い人材が集まらないのでは、という不安もあったという。だが、新免社長は「まったくの杞憂だった。かえって会社の主張がはっきりみえると好評なくらい」と胸を張る。

確かに会社の主義主張としては良いかもしれません。

分煙に関しては、

「(分煙したのでは)たばこを我慢している時に脳の働きが低下して、生産性が落ちる。全員が非喫煙者なら、そのような心配がなく、仕事の効率がよい」。

という意見もあるようです。「たばこを吸っていては希望企業に就職、いや応募さえ難しい時代が、近づいているのかもしれない」というのは、確かにそうかもしれませんね。こういう風に大きく取り上げられると、追従する企業も増えそうです。