ヤフーオークションで、東京都の公売システムを構築するそうです。

インターネット公売システムの対象となる商品は、絵画、古美術品などの動産類や自動車。入札参加条件は、20歳以上で、日本語を理解し、利用規約などを厳守する人となっている。利用には、Yahoo! JAPAN IDの登録と、オークション利用者の登録が必要。

東京都が差し押さえた物品をYahoo! オークションを利用した仕組みでオークションにかけるそうです。そもそも公売がいつ実施されているのか、入札するにはどうしたら良いのかなど、一般の人には分かりにくい点も多かったでしょうから、こうした試みは評価されるでしょう。これまでもよりも良い値がつくことも間違いないと思われます。

どのようなものが出品されるのか、に興味があります。7月より試行の予定。

■関連記事

東京都主税局、Yahoo! でオークション

オークションへの参加申し込み受付開始は7月15日午前10時から、受付締切は7月30日午前10時まで。アメックスを除くクレジットカードを所有するユーザー限定で、 ID 登録と公売保証金納付が必須。

公売をYahoo!オークションで 都主税局が全国初

都主税局は現在、期日入札方式で公売を実施。指定日時に入札会場に出向く必要がある上、一度しか入札できない。ネット公売なら、基準を満たせば誰でもどこからでも参加可能になる。公売情報をネットで広く周知できるメリットもあり、入札参加者を増やすことで税収アップを見込んでいる。

ヤフーと東京主税局が、ヤフオクを利用して公売を実施

同システムの公売対象品は、動産類(絵画、古美術品など)と自動車。公売公告・公売参加登録期間は約2週間~1か月程度で、入札期間は2日間程度。代金は原則東京都主税局への持参払いとなる。落札者が遠方の場合は口座振込みも可能。