CM 早送りに対抗する新テレビ広告技術が登場するそうです。

この『Ad Placement System』という一連の新広告機能を使用すれば、視聴者の所在地や、ビデオオンデマンド (VOD) コンテンツが実際に視聴される時間などの情報に基づいて CM を提供することができる。よりターゲットを絞った関連性の高い CM を提供することで、視聴者が CM を早送りする回数を減らせると期待されている。

そもそもCMが始まった瞬間に早送りしてしまうので、どんなCMが流れているかすら分からないので、あまり効果はないような気もします。

記事の結びに、

このような広告の個人化により、視聴者の CM 早送りが減るかどうかについては、結果を見てみないとわからないところだ。

と、ありますが、試みとしては面白いけれど難しいのではないかと。広告主に対してはアピールするのかもしれませんが。