ライブドア、イーバンクの“脅迫”音声鑑定結果は「クロ」だったそうですよ。

ライブドアは、声紋鑑定の専門機関・日本音響研究所に同音声の鑑定を依頼。「音声に編集された形跡は見当たらず、松尾社長のものだと推定する」とした鑑定書のコピーを報道機関に配布した。

さあ、どうするイーバンク??

と、思いきや、あっさりと「録音音声についての見解は、2月18日に発表した通り、偽造の可能性が極めて高いとの認識。ライブドアへの対応はこれから検討する」とコメント。平行線です。

記事によれば、ライブドアとしては、イーバンクの銀行免許が欲しいんだそうです。

。「インターネット決済はこれから伸びる分野。特に、メールアドレスを使って簡単に送金ができるイーバンクの『メルマネ』は、認知を広めれば爆発的に普及する」(堀江社長)。

確かにこの「メルマネ」は便利そうですが、知名度はほとんどないですよね。ライブドアと組んだ方が、イーバンクにとっても良いような気がしますが。

■関連記事

イーバンク v.s. ライブドア
イーバンク v.s. ライブドア(続報)