フュージョン、一律1分19円の固定発携帯着通話サービスNTT Com、1分18円の固定発携帯着通話サービスNTT東西、4月1日から固定発携帯着の通話サービスということで、4月1日から固定電話から携帯電話にかけた際に通話料が安くなるサービスが次々と始まります。

これは、加入電話の逆襲? 「固定→携帯」割安サービスを比較するによると、下記の理由によるものだそうです。

昨年6月に公表された総務省の「固定電話発携帯電話着の料金設定に関する方針」に従い、携帯キャリアでなく中継接続を手がける事業者に、料金設定権が認められたことに伴うもの

具体的には固定電話から携帯電話に電話をかける際に、それぞれ

「0038」(フュージョン)
「0033」(NTT Com)
「0036」(NTT東日本)
「0039」(NTT西日本)

をダイヤルすることで、1分につき、

全キャリア 19円(フュージョン)
全キャリア 18円(NTT com)
NTTドコモ 18円(NTT東西)
au 19円(NTT東西)
ボーダフォン、ツーカー 21円(NTT東西)

で電話ができるというサービスです。

■関連記事

メディア、1分18円の固定発携帯着通話サービス

関東でマイラインサービスを提供しているメディアは、固定電話から携帯電話への通話料金が1分18円となるサービス「ロクゼロ携帯」を4月1日より提供する。利用に当たっては事前の申し込みが必要。

KDDIも固定発携帯着サービス開始へ、料金は1分18円~

KDDIは、固定電話から携帯電話への通話料金が1分18円~となるサービスを4月1日より提供する。同社の固定電話向け割引サービスを利用してれば、au端末宛の通話料はさらに5%割引となる。

固定発携帯着で始まる料金競争,日本テレコムが開始目前で1分18円に値下げ

当初の日本テレコムの料金は,平日昼間にNTTドコモ宛ての通話で1分20円,auやボーダフォン宛ては1分22円だった。ところが3月に入ってから,各社が相次ぎ格安料金を発表。東西NTTは1分18~21円,NTTコムは一律18円,パワードコムも一律19円。結果として,日本テレコムのサービスに割高感が出た。そこで日本テレコムは今回,携帯電話会社を問わず一律1分18円に値下げした。