iモードのショッピング、ユーザーは何を買っている?という調査結果より。

iモードのオンラインショッピング経験を問う項目では、「購入経験がある」ユーザーが47.7%に上った。購入経験のあるなしに関わらず、「今後の利用意向がある」ユーザーは、77.2%だった。

一時、携帯電話関連の仕事をしていたせいか、携帯電話でショッピングというのがやたら目に入ってきたのですが、最近は常時接続も一般的になって状況が変わってきたのかな、と思いきや、携帯電話でモノを購入する人はけっこういるんですね。

購入した商品は、男性では「CD・DVD」が38.8%と多く、以下「衣料品・ファッション」(29.3%)、「書籍」(27.4%)と続く。女性では、女性は「衣料品・ファッション」が56.0%と最多で、以下「化粧品」(34.2%)、「食料品・飲料」(22.6%)となった。

CDやDVDなど、あらかじめ品質が分かっているものだったら購入しやすいですね。女性の衣料品というのは、恐らく雑誌とのタイアップなどではないかと推測するのですが。雑誌とブランドの限定コラボレーションとか。周りに携帯電話でショッピングする人がいないので、なかなか新鮮なデータです。

利用した決済方法を問う項目では、「代金引換」が48.3%で最多。「コンビニ決済」が35.6%で、「クレジットカード」が34.3%となった。代金引換は、男女とも19歳以下で圧倒的な支持を集めた。

未成年は分かりやすくて簡単な代引きが受ける、ということでしょうか。クレジットカードは持てないでしょうし。ただ、携帯電話でクレジットカードの番号を入力するのは流石にちょっと心配です。