「お店の“葬式”請け負います」――-閉店支援サービスが登場というニュース。

「開業や店舗運営についてなら相談できるところはあるが、店を閉めたい時にはどうすればいいのか分からない」という飲食店経営者は、実は少なくない。そんな悩みに応える、閉店コンサルティングサービスが登場した。

確かに開業に関するコンサルティングはいろいろありますが、それと同時に閉店だって相当数あるはずですから、こういう需要はあるのでしょう。ただ、コンサルを依頼して閉店できるケースはそう多くはないようにも思いますが。「Yahoo! Cafe」などの飲食店の運営受託を行うコンサルティング会社「ミライド・パシフィックマネジメント」が「クロージングコンサルティング」というサービスを開始したそうです。

「閉店するにはどうしたらいいか」という相談を受けると、店舗診断を行い、本当に閉店すべきかどうかの判断をするそうです。

「閉店する」という結果になれば、店舗営業権の売却、家主・物件オーナーとの交渉支援や代行、什器備品の売却先紹介、解体工事の請負先紹介、スタッフの再就職先斡旋といった、閉店にかかわるあらゆる面での支援を行う。

再就職先の斡旋までするのですか。気になる料金ですが、

料金は、店舗の家賃の1カ月分を上限とし、物件の規模や営業年数、債権債務の状況、実際に請け負う仕事内容などによって決める。

比較的リーズナブルのような気もしますが、どんなもんでしょうか。