2004年3月5日は「スパム10周年」だったそうです。

2004年3月5日は、最初の“スパム”が送信されてから10周年にあたる日だと米Netcraftが伝えている。1994年3月5日、Usenetの複数のグループに投稿された“U.S. Green Card Lottery - New Immigration Opportunity”という、アメリカのグリーン・カード抽選に関する広告が、インターネットで最初に問題になったスパムだという。

もっとも諸説あるようです。ただ「インターネットでスパムが問題となってから10年が経ったということは確かなようだ」
とのこと。