火星の一部がかつて水に覆われていた証拠を発見だそうです。

米航空宇宙局(NASA)は2日、ワシントンの本部で記者会見し、火星メリディアニ平原に着陸した探査車オポチュニティの調査で、火星の一部がかつて大量の水に覆われていたことを示す地層や表土成分の証拠を発見したと発表した。

米コーネル大学のスティーブ・スクワイアズ博士が「生命が存在することが可能な環境だったことがわかった」とコメントしています。地球の来るべき姿?