火星探査車の不調、原因は「ファイルの消し忘れ」だったそうです。128MのRAMで動作しているそうです。

Spirit(以下、ローバー)は、128MバイトのRAMのうち、Wind River VxWorksオペレーティングシステムと一連の科学目的アプリケーションのためにに32Mバイトを割り当てているが、ミッションが進むにつれ、技術者はメモリを再利用するために古いファイルとディレクトリを定期的に削除していく必要がある、と同氏。