アドビのAfter Effects、グリッドコンピューティング対応になるそうです。

Adobe Systemsは、グリッドコンピューティング用のソフトウェアを開発するGridIron Softwareと契約を結んだ。この契約により、Adobeのビデオ加工用ソフトウェアが、ネットワークに接続したコンピュータの余剰処理能力を活用できるようになる。

GridIronのXLR8というソフトウェアを利用するそうです。

XLR8のグリッドコンポーネントは、Microsoft Windows、Linux、Apple ComputerのMac OS X、SunのSolarisなどのオペレーティングシステムで動くマシン上で稼働する。

どうせだったらXgridに対応だったら良かったのに、とチラと思ったり。契約では「After Effects Professionalが稼働しているマシン以外に、2台のコンピュータ(のプロセッサ)でグリッドソフトウェアを動かすための許可が含まれる」そうです。