週末起業の時間確保のカギは早起きにありという記事。見るには要登録です。

別にぼくは週末起業家ではないのですが、面白い早起きの方法が紹介されていたので取り上げてみました。大敵は二度寝、となっていますが、確かにそうですね。目覚ましで一度は目が覚めるのですよ。で、無意識のうちにまた眠りに落ちていくという(笑)

まず、非常ベルのように音の大きな目覚し時計を二つ用意します。そして、二つの時計のうち、一つは枕元に、もう一つは5分遅れで庭に置きます。こうすると最初のアラームで目が覚めます。次に必ず外にスイッチを切りに行くことになります。なぜなら、うっかり寝坊して、庭の時計のスイッチを切り損ねようものなら、ご近所中に轟音が鳴り響くからです。

こんな方法が大成功だったそうです。確かに、これは起きざるを得ないかもしれない。で、これを毎朝続けていれば、いつの間にか習慣化するという訳ですね。

最近、子供を寝かしつつ23時過ぎには寝ています(嫁によると子供は24時くらいまで起きているらしいですが)。そうすると、あら不思議。6時30分には自然に目が覚めるんですね。エッジの堀江社長も8時間寝ているそうですが、ぼくもそのくらいの睡眠が丁度良いようです。

たっぷり寝て早起きすると、朝からネットサーフィンしてネタ集めをしたり、メールを読んだり、頭もすっきりしているのでいろいろとはかどります。そして、なんだか身体の調子も良いみたい。これが習慣化してくれるといいのですが。正に「早起きは三文の得」でした。

年とったんでしょ、という突っ込みはなしで(笑)