このままでは全員「ゆでガエル」に--野村総研が携帯電話業界に提言しています。

日本では,高機能な携帯電話機が1万円台後半~3万円程度で購入できる。しかし,メーカーからの卸売り価格は5万円前後。事業者が販売代理店に与えるインセンティブのおかげで,ユーザーの購入価格がぐっと下がっているのだ。この構造が,携帯電話機の買い替え需要を喚起し,日本の携帯電話機を世界最高水準に発展させたのは間違いない。

携帯電話機の販売のほとんどが買い替えになり、さらに1ユーザー当たり月間利用額も下がり続けるなど、インセンティブを見直さないと「少しずつお湯が熱くなっているのに気付かないでいるカエルが,結局“ゆでガエル”となって死んでしまう話を想起させる状況にある」そうです。

通常の卸価格は5万円程度だそうですが、しかし携帯電話が5万円になったら買い替えはしないですね、きっと。大事に大事に使い続けるでしょう。ナンバーポータビリティでキャリアを乗り換えたい、なんてことも言えません。

ところで、根本的に携帯電話の卸価格を下げるなんてことは難しいんでしょうかね? 機能追加もいくところまでいきましたから、ここらで少し見直してみるとか。でも「ウチはインセンティブやーめた」なんて訳にはいかないんでしょうね、実際。チキンレースみたいです。