禁止して欲しい「電車内での携帯通話」という調査結果が。

法律・条例で罰則が規定されている行為でも「罪の意識」を感じないものは、「自転車の2人乗り」が東京・大阪ともに20%強でトップ、「信号無視」(東京12.8%・大阪13.3%)、「携帯通話しながらの運転」(東京10.1%・大阪11.2%)という結果になった。

携帯電話で話ながらは罰則規定が設けられますので「罪の意識」がないとしても注意が必要です。アメリカでも調査が行われていましたが、電話で話していると周りが見えているようで見えていないんですよね、実は。意識が飛んでいるというか。意味のない図形をメモ帳一杯に書いてしまうことを想像して貰えばなんとなく分かるかもしれませんが(笑)

罰則を新たに設けて欲しい/強化して欲しい行為は、

「電車内での携帯通話」(東京14.7%・大阪17.7%)
「歩きタバコ」(東京15.3%・大阪13.0%)
「店舗前や電車内での座り込み」(東京8.3%・大阪12.3%)

などが挙げられているそうです。本来ならマナーの問題だと思いますが、目に余るということでしょうか。個人的には「歩きタバコ」は危険なので、気を付けて欲しいですが。iBookを購入しに秋葉原に行った時は、歩きタバコが禁止されているせいか歩きやすかったです。

「電車内での飲食・化粧」の回答も多かったそうですが、女性陣は電車内での化粧って恥ずかしくないんですか? 恥ずかしくないからするんだ、という声も聞こえてきそうですが(笑) でも、少しずつ電車の中で変身していくのって不思議ですよね。乗ったときと降りる時は別人のようになっていたりして勉強になります。もう会わないから、とか割り切りもあるのでしょうか。

■関連記事

それは本当に緊急の連絡?――電車内での携帯電話のマナー

携帯電話が普及したのはこの数年の話である。以前は、電車などで移動する時間は連絡が取れないのが普通だった。いっそのこと法律で禁止したほうが、諦めがつくかもしれない。いつでもどこでも通信できる携帯電話は非常に便利であるが、その便利さが市民としてのマナーを破らせている。