10年経て改訂版「若者言葉事典」を刊行というニュース。

名古屋周辺での“若者言葉”を研究する椙山女学園大人間関係学部(日進市竹ノ山)の加藤主税(ちから)教授(57)とゼミ生が、約十年前に出した著書の改訂版「若者言葉事典」を刊行した。

「アッシー」「チョベリバ」は当然分かるけれど、「イケパラ」「あゆみ」は分からなかった‥‥。他には「ラヴアド」「オナ小」とか初めて聞いた。それにしても、日本人は本当に略語が大好きですよね。「携帯メールの字数節約のため」というのもあるんでしょうが。

「バリ3」電波の状況が良いこと(これは知っていた)
「ラブアド」メールアドレスに彼や彼女の名前を入れること(なんだそりゃ!ペットの名前にしとけ。別れたら困る)
「パケ死」パケット通信費がかさんで苦しい状態(知っていた)
「オナ小」同じ小学校出身(オナ中? オナ高? オナ大?)
「誕プレ」誕生日プレゼント(予測の範囲)
「逝(い)け面」「もののけ」「ハケメン」気に入らない異性(もののけですか‥‥)
「イケパラ」イケメン(かっこいい男性)に囲まれた天国のような状況(パラダイスですか)
「あゆみ」わがままな状態(そういう認識ですか。へー)

■関連書籍

若者言葉事典
若者ことば辞典
世紀末死語事典