宇宙でも活躍するJava、火星探査車を動かすというニュース。

向こう3カ月間、パサデナにあるNASAのジェット推進研究所(JPL)の科学者および技術者は、ゲーム「Gran Turismo」のように操縦できるJavaベースの「Science Activity Planner」を使って、Spiritを走らせて探査を行う。

Javaが1月15日に火星に降り立った無人探査車「Spirit」を、低コストかつ簡単に走らせる手段として使われているそうです。オンラインショッピングのようにポイント&クリックで操作しているんだとか。