平均的ネットユーザーは「オタク」ではないという記事。

典型的なインターネット利用者は熱心な読書家で、非利用者よりも社会と関わる時間が長いという。そして一部のインターネット利用者は、テレビの視聴時間が非利用者よりも1週間当たり5時間も少ないと報告書には記されている。

UCLAが行った調査ですが、アメリカだけでなく英国、ドイツ、ハンガリー、イタリア、スペイン、スウェーデン、日本、マカオ、韓国、シンガポール、台湾、中国、チリと14ヵ国に渡って調査が実施されたそうです。「オクタではない」って、そりゃま、そうでしょう。日本ではブロードバンドユーザーも1,000万人を超えているんですから、ごく普通の人たちが使っているはずです。

でも、ぼくは宮脇さんの奥さんには激しくオタクだと思われていたようですが(笑) 子連れで会って初めて、子煩悩な普通のパパだと思って貰えたようです。あ、子煩悩は自分で付け足しました、すいません。