「9ヵ月以内に起きる地震の予知に成功」UCLAが発表です。

このグループが6日(米国時間)に明らかにしたところによると、新たに開発された手法を用いて、昨年カリフォルニア州と日本で発生した複数の大きな地震を高い精度で予知したという。

昨年の十勝沖地震も含まれているそうです。あまり話題になっていないような気もしますが、これってけっこう凄いニュースかも。

ある地域で小さな地震が多発していることが明らかになった場合、研究グループはその地域の過去を分析し、さまざまな地震のパターンを探す。同様のパターンが他の時代にも見つかった場合、今後9ヵ月の地震について予知を発表するという仕組みだ。

9ヶ月間というのがアバウトかもしれませんが、心がけができているのとそうでないのでは、やはり違うと思います。

十勝沖地震の場合は2003年7月に9ヵ月以内にマグニチュード7以上の地震が起きると予知していたそうです。そして、大規模の地震は長期間観測されていなかったということです。