INTENET Watchで佐々木俊尚氏がインターネット事件簿と題して第3回:京都府警がWinnyに叩きつけた挑戦状―「われわれはすべてを解き明かした」を書かれています。Winnyの作者は某有名国立大学の助手を務めている人物なんだそうです。興味のある方は是非。

事件を手がけた京都府警の捜査幹部は、「Winnyの匿名性は完全に暴かれたといっていい。今後、Winnyの仕組みを使ってファイル交換を行なえば、いつでも警察に摘発される状態になるということだ」 と誇らしげに胸を張った。