空から1ドル紙幣、名古屋テレビ塔から100万円分まくなんていう景気のいいニュースがありました。

騒ぎに気付いたテレビ塔の職員(43)が駆け付け、展望台の転落防止用の鉄格子から手を出して紙幣をまいていた男性を制止。まくのを止めた男性は「クリスマスプレゼントにまいたって誰も困らないじゃないか」と平然としていたという。

男は元銀行員で、足利銀行株で一財産築いたんだそうです。「預金も1億円以上あり、26(歳)にしてこれだけのお金を持つと味気ない」とのたまわったそうです。「株で大もうけしたので世間に還元したかった」って、もっと違う還元方法を思いつかなかったのか‥‥。

ちなみに、

男性は処罰の対象にはならないが、拾った人が警察署に届け出なかった場合は、遺失物横領などに当たる可能性がある

だそうです。

■関連記事

<紙幣ばらまき>「足銀株でもうけ、使い道に困った」と男性

「あしぎんフィナンシャルグループの株が1円と5円の時に600万株ほど買い、15円ぐらいになった時に売った」

テレビ塔から「株の利益」札ばらまく

テレビ塔の職員が止めに入ったが「悪いことはしていない。あなたにも(紙幣を)あげましょう」などと言ってまき続けた。