資金調達に新手! ラーメン施設を対象にした投資ファンドが登場だそうです。

ファンドは1口50万円で2億円を調達。利回りは、同施設に出店するラーメン店など8店の年間売上杯数を店舗数と営業日数で割って算出した1日当たりの平均杯数を平均来店者数と見なし、決定する。

アイドルのファンドに続き、今度はラーメンですか。

平均来店者数が401人~500人の場合の利回りは0%、501人~600人の場合は5%。以降100人ごとに利回りが1%ずつ上昇し、1001人以上の場合は、利回りが10%になる

の一方、

一方、1日当たりの来客数が400人以下の場合は元本割れとなる。301人~400人の場合の利回りはマイナス5%、200人~300人の場合はマイナス6%。以降、100人ごとに利回りが1%ずつ低下し最低マイナス8%まで下がる。

と、いうことで、正しく水商売なだけにハイリスクな気がするようなしないような。

初年度の利用者数を200万人、売り上げを17億円と見込んでおり、駅前という立地や人気店・有名店の出店、午前11時から翌日午前2時(金土祝日の前日は翌日午前5時)までの長い営業時間などの好条件をアピール

こういうのはあくまでも予測値で、往々にしてうまくいかないことが多いですよね。絵に描いた餅になってしまうケースが非常に多いと思います。アイドルファンドは5万円ですけど、こっちは50万だからなぁ。ラーメン好きでもなかなか手が出ないのではないでしょうか。と、いうか、小市民はもっと安心できるところに預けたいと思いますので、お金持ち向けのファンドですね、きっとこれは。

■関連記事

新人アイドルを証券化

ファンドは「新人グラビア☆アイドルファンド第1号」。個人投資家から集めた資金を新人アイドルのDVDや写真集を制作する資金に充てる。投資家にはDVDと写真集の売り上げから出資者印税が支払われ、最終的な投資利回りは売り上げに応じて変動する。