「他力本願」というと、他人の力をあてにして‥‥という意味が広く知られていると思いますが、実はそうではなかった!

「他力本願」など正しく理解を 浄土真宗本願寺派が冊子を作ったそうです。「他力」は阿弥陀(あみだ)如来の力のことで、「他力本願」は迷う人を救う仏の願いをさすんだそうです。

でも、goo国語辞典では

(1)〔仏〕 弥陀の本願の力に頼って成仏すること。
(2)他人の力に頼って事をなすこと。他人まかせにすること。

となっていました。本来の意味は(1)で、転じて(2)が一般的に使われるようになったということなんですね。勉強になりました。