ソフトバンク、当期連結損益は426億円の赤字に

連結の売上高はYahoo!BBサービスの加入者数増加などにより対前期比で176億円増の1,215億円に拡大したものの、営業損益では151億円の赤字、経常損益も230億円の赤字となった。

今後の展開について孫社長は「付加価値サービスがこれから競争の中心になる」とスピード重視ではなく方向転換していく意向だそうです。テレビやゲームなどの有料コンテンツを重視していくんですね。

■関連記事

ソフトバンクの中間決算、赤字幅拡大も孫社長の強気は変わらず

孫氏は今後の展開について、米Amazonや米Yahooの決算が好調なことや株価が上昇していることを例に挙げ、「日本のヤフーも同様の動きを見せている。これは一時的なものではなく、第2次成長期に突入したと言っていい」と自信を見せる。

ソフトバンク第2四半期決算、連結当期損失は426億円

IP電話サービスでは、BBフォンの通話料売上の過半数が携帯電話や国際電話への通話料金であると説明。「今後BBフォンユーザーが増加し、ユーザー同士の無料通話が増加しても、全体的には問題ない」と語っている。