東芝、手のひらサイズの燃料電池を開発 - 2005年の製品化を目指す

tenohira_denchi.jpg

東芝は、携帯電話などのモバイル機器で利用できる小型燃料電池「モバイル情報機器用ダイレクトメタノール型燃料電池」の開発に成功したと発表した。大きさは140cc、重量は130gと手のひらサイズに収まり、出力は1Wとされる。

なんだか「電池!!」という感じではなく、かわいらしい感じです。

「高濃度メタノール25ccの供給で約20時間の発電を可能」だそうで、1Wで20時間は携帯電話のリチウム電池約6個分に相当するそうです。

■関連記事

東芝、手のひらサイズで1ワット出力の燃料電池を開発

高出力化と小型化をさらに進め、2005年中の製品化を目指す。