「日本語交じり」が人気 NY、元気求め異色バンドという記事より。

日本が大好きな女性シンガー、ペトラ・ハンソンさんがゴーゴーソングに乗せて歌う言葉遊びがニューヨーカーには新鮮に響く。

「オイシクナカッタ、アキラメタ」「朝ご飯チャチャチャ(茶)」など、変な日本語の歌詞が特徴だそうです。なんだか、昔行ったメキシコのティファナという観光地に行ったことを思い出しました。土産物屋のある通りを歩くと、口々に「チョットマテ!」「ダイゴロウ!」「ミルダケタダ!」と叫ぶんですね。どこで覚えたんだか。

さて「ガイジン ア ゴーゴー」の曲を、ぜひ聴いてみたいと思い検索してみたら、こんなところを発見。

♪Skeve Baby

チ、チープだ! しかも「歌詞に日本語が入ってるよ」という割には、歌が流れて来ない! 「NY発!!松井の応援歌を歌う5人組!」と紹介されているんですが、果たしてこのバンドで合っているんだろうか‥‥。